2020年12月10日木曜日

第33回全日本自転車競技選手権大会 マウンテンバイク(XCC)レースレポート

2020/12/06
天候:晴れ
順位:男子エリート XCC 17位 


2日目XCC

 

今年からCJシリーズのXCOスタートを決定するレースとして前日に開催されるXCC。いつもはランキング上位24人でのレース。今回の全日本XCC選手権は予選、決勝の2レース。

 

予選10位以内で決勝進出

前日のXCEレースで朝起きてから上半身筋肉痛。

会場に到着しレース前の数10分で試走終了。予選は昨日のままでタイヤのローテーションを反対にしてスタート。

 スタートしてから10分くらいが耐えることが出来る限度だと感じた。20分をMAXで走ることが出来るにはまだまだです。予選は耐えて9位でゴール。ギリギリでした。

 


そして決勝

決勝は路面も乾き、タイヤローテーションを戻して転がり重視。

 




スタートして2周目くらいで大きく2集団に分かれる。

後方集団で我慢しますが、ドロップして予選時の3人パックで走る。

 


トップ集団の速度は落ちずどんどん離され-4ラップで80%カット。世界大学選手権のスピード感を思い出しました。次は万全な状態で臨みたいですね!

 


 



今回は街中の公園での開催。いつも以上の観戦者、初めてレースを観る方や自転車競技を知らない方にも見てもらえる機会で選手にとっても刺激になるレースでした。

 


 

コース脇から沢山の応援ありがとうございました!

黒瀬文也

 

使用機材 

フレーム:NESTO TRAIZE PRO Frame Set 17inch

フォーク:ROCK SHOX  SID  SL Select

コンポーネント: SRAM XO1 EAGLE  36T

ブレーキ:SRAM  LEVEL TLM

ハンドル:TIOGA Longhorn Carbon Flatbar  650mm

ブレーキパッド:フロント Vesrah CrossCountry リア Vesrah DH

タイヤ: フロント MAXXIS  REKON RACE 29er ×2.25

リア  MAXXIS   REKON RACE 29er× 2.25

フロント1.7bar  リア1.8bar

ホイール: Do Corsa Nove カーボン33WA-SL 29er

ハブ:DT SWISS 240s ブースト 54Tスターラチェットに変更

スポーク:DT SWISS Competition 

シートポスト:TIOGA Scepter Carbon Seatpost 31.6mm

ステム:GIZA PRODUCTS ZS-06OS 55°/125°100

サドル:ERGON  SMR3  Pro Carbon  Sサイズ

グリップ:ERGON GE1 EVOディープモス

ボトルゲージ:TOPEAK Shuttle™ Cage CB

ボトル:TIOGA High Flow Bottle

ペダル:HTpedal LEOPARD クリートX-1

シューズ:LAKE MX332 カスタムカラー

ポンプTOPEAK AirBooster 25gカートリッジ1

ケミカル:FINISH LINE Ceramic Wet Chain Lube 

シーラント: Tubeless Tire Sealant

インソールファインプロデュース オーダーメイドインソール

ヘルメット:LIMAR ULTRALIGHT+ 

ウェア:SPORTS KID monton

グローブ:Monton ハーフフィンガー・サイクリング・グローブ

0 件のコメント:

コメントを投稿